#126  「飛行機雲」

|

 

kon_080115.jpg

  東京の冬空は、スカッと晴れた高い空になることが多いですね。そこにピーッと一本の線

   飛行機雲です。水蒸気によるわけですが、あれ、誰しも見つけると思わず眺めてしまうのではないでしょうか。

   上空の気温や湿度、エンジンの排気の条件などが揃うと出来るので、それを利用した「空に字を書く」商売もアメリカなどではあるようです。横一列に何台も並んだ飛行機が、コンピュータでプログラムした通りにタイミング良く噴射して、文字を書いていく。それぞれの機体が出す雲は単体だけで見ると分かりません。しかしモールス信号のようにツー・トン、という塩梅で各機が出した雲を全体として見るとちゃんと文字になる、というワケです。

   大きなイベントで使われるようですが、個人的なメッセージを依頼することもあるんでしょうかね。愛の告白とか感謝の表明とか。ブロック体のアルファベットだと表現しやすいんでしょうけど、もしこれが日本語だとたいへんですよ。「ありがとう」なんて曲線だらけですから。


2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

近野さんポートレート
近野 宏明
(こんの ひろあき)

現在、ワシントン特派員。鉄道、自動車、航空機などの乗りもの・交通全般に詳しい。

more

このブログ記事について

このページは、近野 宏明(こんの ひろあき)が2008年1月15日 10:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「#125 「休憩」」です。

次のブログ記事は「#127 「名称」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。